長崎県の眼科

松園眼科 長崎市千歳町

松園眼科 概要

<名称>

松園眼科

 

<院長>

松園哲行

 

<開業>

平成7年

 

<住所>

〒852-8135

長崎県長崎市千歳町10-3 よしみビル2F

 

<公式サイト>

https://www.matsuzono-ganka.com/

 

<連絡先>

TEL: 095-846-7011

 

<診療時間>

★:手術

※外来受付時間・内容等について、事前に必ず医療機関に直接ご確認ください

9:00~12:30
14:00~18:00

 

松園眼科 特徴

医療ビルならではの各診療科との連携

当院のあるビルには、吉見内科胃腸科・吉見皮ふ科・吉見耳鼻咽喉科と、各専門の医院があり、医療ビルとなっております。そのメリットを最大限に活用し各医院と連携し、患者様へ負担をかけない医療の提供を目指しております。
当ビルにはエレベータも完備しておりますので、高齢者の方も安心です。

 

最新設備とより負担の少ない治療を

当院では最新の眼科検査機器として光干渉断層計(OCT)RS-3000を導入しております。
光干渉断層計は赤外光の干渉を用いて網膜の断面を描出する装置で、網膜の形態や 厚みを明らかにすることができるようになりました。

 

 

診療科目

 

特に力を入れている治療

 

緑内障

 

緑内障にはいろいろなタイプがありますが、視神経が障害されて徐々に視野(見える範囲)が狭くなり、放置すれば失明することもある病気です。
ほとんど自覚症状がないことが多いため、定期的な検査で早い時期に発見することが大事です。

治療は点眼薬が主で、作用の仕方が異なる点眼薬が数種類あるため、患者さんの生活パターン、内科的疾患の有無、効果の現れ方によって選択していきます。内服薬、レーザー治療、手術が必要なこともあります。

 

 

 

白内障


当院では白内障は日帰り手術で行っています。手術は濁った水晶体を取出し、人工的な水晶体(眼内レンズ)を入れます。局所麻酔で行いますが、ほとんど痛みは感じません。手術時間は15分前後で、術後しばらく休んでから帰宅していただきます。手術後は感染症や炎症を防ぐため、抗菌剤や消炎剤をしばらく点眼する必要があります。

 

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病の重大な3つの合併症の1つです(他は神経症、腎症)。初期には自覚症状があまり無いため、放置しておくと失明にいたることもあります。
糖尿病網膜症は成人での失明原因では最も多いものです。血糖コントロールが大事なのは当然ですが、定期的な眼底検査は必ず受けるようにして下さい。

 

流行性角結膜炎

アデノウィルスに感染して起こる急性の結膜炎で、白目全体が強く充血し、まぶたの腫れ、多くのめやに、かすみがあり時に耳の前のリンパ節が腫れます。小児では発熱があることもあります。症状を和らげるため抗菌剤やステロイドの点眼薬を使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です